秋月のDAC AKI.DAC-U2704を作ってみた。 ・・の続き。

届いた部品

部品が届きました。抵抗をいつものように仕分けしてからスタートです。

 

 

今回初めてラグ端子での制作です。ケースのサイズは十分ですので挑戦してみました。

で、

取りあえず半分。

半分組み付け完了。引き続き・・

もう半分も

後半分も組んで・・

DAC基盤

DAC基盤もコンデンサを取り付け。さらに、

フィルター

フィルターも作って・・

取り付け配線

ケースに取り付け。スペースは余裕ですね。

試験

整線して通電試験。一発で音出し成功いたしました。

思わずガッツポーズしちゃいましたw

ラグ端子で作ったのは初めてだったんですけど結構楽しかったです。

パイロットランプは前面でDC24Vの電源スイッチ入れたら点灯、背面が

USBコネクトで点灯。どちらも光ファイバで導光しております。

前面背面

基盤上のチップLED

アングル材を使ってファイバーの先端がチップLEDの真上に来るように何か作りました。

2.6mmのビスに0.8mmの貫通穴を開けて0.75mmのファイバーを通しました。

ファイバーは抜けないように接着してます。コニシ株式会社の「ウルトラ多用途SU」

この接着剤はおすすめです。ポリエチレン、ポリプロピレン、PETといった難易度の

高いプラスチックでも同素材は勿論、異素材でも相手を問わず接着できます。

木や金属、石材やコンクリートも大丈夫。素晴らしい。

 

あ・・トップカバーつけた状態での写真を撮るのを忘れてました・・orz

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA