秋月のDAC AKI.DAC-U2704を作ってみた。 ・・聴いてみた。

仮設置

通電したまま結構な時間が経過したので仮設置にて聴いてみました。

音質についてはぺるけ氏が記事で書いてらっしゃるとおり「オーディオ的に心地よく

ヌケの良い鳴り方をするタイプです。今まで使ってたDAC(先日作った共立のではない)

はモニターライクな高解像度サウンドでこれはこれで好きなんですけど今回作ったのは

聴いててとても気持ちがいい音です。少し角の取れた感じですが解像度が不足かと言えば

そんな事はなく過度に柔らかいわけでもありません。「ヌケの良い」って表現がやっぱり

一番いいように思えます。少し空間にゆとりが出来るようなイメージです。

ぺるけ式HPAのVer.2に繋いでAKGのK702で聴いてますが、これがまぁ、なんとも気持ちのいい事。

元のDACは試聴用に作ったプレイリストで次々に曲を替えながらまさに、「試聴」してましたが

今度のDACは次々に曲を追加して各々をじっくり聴いてしまいます。

共立のDACは(また別の友人に)現在貸し出し中でこれと比較は出来てません。

もっと若い頃にこんな音に出会えてたらよかったなと・・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA