白点病

メインの水草水槽でブラックネオンテトラに白点病。
取りあえず水温を上げて1日様子を見たら他にもうつってたので対応を検討。
広がるペースから見てもう猶予がない感じだったので早々に決断。
先ずホームセンターに行ってこの時期いっぱい売ってる虫用のプラケースで
一番大きいの(12Lくらい?)を購入。
さぁて・・気が重い 魚何匹死ぬかしら?^^;

水槽の水を取りあえずいっぱいまで分けておいて残りの水をどんどんバケツに移す。
ヒーターとフィルターを停止。
水位を3cmくらいまで下げてから魚を片っ端からプラケに移動。どうしてもコリドラスが
1匹見つからなくてやむを得ず後回し。プラケにヒーターを突っ込んで水温30度を維持
しながらエアレーション開始。引き続きメチレンブルーを規定量投入。
水槽に水を10Lほど戻して様子を窺うと見つからなかったコリドラスが現れたので
確保してプラケに放り込む。
新しい水を10Lほど水槽に投入。
プラケは水温計を設置して覆いをかぶせて暗くする。
水槽に新しい水を更に投入。フィルターが回せる所まで水位を戻してフィルター再起動。

翌日幸い水槽に残したエビは1匹も落とさずに済んだけど魚は薬浴1日でコリドラスパンダが
1匹落ちた。
それを取りだしてから1/3ほど水を捨てて新しい水で若干濃いめにクスリを混ぜて水位を戻す。
ついでに塩を25gほど投入。

更に1日後水1/3交換。薬の量は前日同様。塩分濃度も変わらないように調整。
ブラックネオン以外の虫は取れてる。

更に1日経過して本日。水替え。薬の量は同じ。塩は入れない。
ブラックネオンの虫はだいぶ落ちたけどまだ残ってる。
最初に即断出来ずに1日様子を見た事が悔やまれる。が、あの日は時間がなかった・・orz
治療中

むぅ・・。あと何日かかるかしら・・。

水槽はエビの天下になってます。
エビ天

魚の居ない間にコケを食べまくって欲しいけど・・w

 

One thought on “白点病

  1. 5日の午後にはほぼ完全に虫が落ちたので半分新しい水に替えてから活性炭(ブラックホール)を放り込んで薬の吸着を開始。

    6日午後新たに成長した虫は見当たらないので水槽の水を10Lほど替えてから魚を戻し始める。
    カーディナルテトラは変形が見られるのが3匹と寄生虫を持ってるぽいのが2匹、キリモミしてるのが1匹、ヒレの損傷が酷いのが2匹・・真っ当な1匹だけ水槽に戻して他は見えない所で死んで水を汚されるのもアレなので隔離して余生を送らせる事を決断。2年超えてるし寿命と思うことにします。

    治療中に落ちたのはコリドラスパンダ1匹のみでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA